ナイツ ~星降る夜の物語~

14日にkonozamaからナイツが届いてやっとさっきオールAランククリアしたage。
ウィル(主人公:男の子)の方は簡単だったのにヘレン(主人公:女の子)の方はやけに厳しかったな……。

ソニックチームといえば名前の通り「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」が有名ですが、11年前の名作「ナイツ」も忘れちゃいけないぜ。

ソニックが《疾走感》ならナイツは《浮遊感》でしょうか。
ステージをスーっと優雅に飛んでいく様はソニックに勝るとも劣らない爽快感です。

そんな「ナイツ」ですが前回のナイツ制作陣の要、中裕司は参加してないようで。
なので、前回との相違点やら何やらで従来のファンからはあまりよろしくない評価も多々見受けられます。

◆気になった点とか感想とか
・操作性
ウィーコンでの画面操作は馬鹿みたいに操作しづらい。
加えて通信不良が起きやすく「時間制限付きで飛行しながら輪をくぐる」みたいな繊細な動きには全く向いてないように思えた。
そこでヌンチャク操作ですが、しかしてこのヌンチャクのスティック、これも縁が八角形なのでカクカクして非常にスムーズに操作しにくい。

まあそんな悩みもGCコンで一発解消されました。
やっぱこの操作性は良いわー。
マルコン? も操作しやすいらしいです。

・ストーリー
演出が良すぎ。
ラストステージでは感動と爽快感が一気に込み上げてくる。
いや参った。

でもまあそれまではチュートリアルとミニゲームが大半を占めてるといった感じです。
オススメとしてはウィル編をクリアしてからヘレン編をやったほうがいいかもしれない。(難易度的にも)
ヘレンの方は結構唐突なストーリー展開があるのでウィルの方やってないと置いてけぼりくらうかも。

・音楽
ササキトモコはトップサウンドクリエイターだと思うよ。マジで。
「DREAMS DREAMS」は神曲。
まじ文句なし、ってかこの曲が購買動機の7割占めてます。

ササキさんや、セラニポージの復活を待ち望んでます。
スマブラもアシュリーの曲作って一仕事終えたろうしもうそろそろいいでしょ。







壮絶なネタバレ:夢オチ。




冗談です。
とりあえずオールAランククリアしたのでクリア特典で前作のサウンドトラックが追加されました。
「DREAMS DREAMS」、これに尽きますね。
公式サイトでも流れますが、たぶんどっかで一度は聞いたことがあると思いますよ。
てなことでfullバージョンをば。

DREAMS DREAMS 2007 雪歩 真 withナイツ


なんでアイマスかって?
趣味です。

今作では↑の曲は使用されてなく、主人公達(子供)が歌う各2バージョンと、オールCランク以上クリアで見れる真EDのSweetSnowバージョンのみでちょっと物足りないなとか思ってた矢先にこの追加システム。
やっぱり本家本元が一番ですわ。
SweetSnowバージョンもなかなか良いんですけどね。

で、もひとつ特典で夢の泉(各ステージへの扉がある広場)が雪景色になってました。
これ、クリスマスシーズンに発売しないとダメな作品だなw
非常にナイツらしい演出でグッときます。

あとは「夢のしずく」を60個全部集めるだけです。
またこれがめんどくさそうな……。
こちらの特典は前作主人公でプレイできるといったもの。
是非ともこの目で確かめたいぜ。


なんやかんやと問題点もありますが俺には良作です。
今年の最後の最後にこれに出会えて良かった、そう思える作品ですた。
[PR]
by byo_teng | 2007-12-17 23:37 | 日記 | Comments(0)


<< メガネ属性。 獣キャラより外骨格纏って鎧着て... >>