地球少女アルジュナ。

TVシリーズは人気の無さと、テーマが時間帯(夕方6時台)にあわないので打ち切り終了した知られざる名作ですだ。
当時としてはこのCG多用は珍しい……、というかCGがアニメに使われること自体かんなり珍しかったと思うよ。
OPテーマも無く毎回いきなり話が始まるのも斬新。
あと、なんといってもBGMが最高。
始めて買ったアニメサントラがこのアルジュナですよ。
菅野よう子すげー。



第一章 - 時のしずく ・・・(1/2/3)

第二章 - 青い光 ・・・(1/2/3)

第三章 - 森の涙 ・・・(1/2/3)

第四章 - 転生輪廻 ・・・(1/2/3)

第五章 - 小さきものの声 ・・・(1/2/3)

第六章 - はじめの一人 ・・・(1/2/3)

第七章 - 見えない言葉 ・・・(1/2/3)

第八章 - とおい雨 ・・・(1/2/3)

第九章 - 生れる前から ・・・(1/2/3) ※TV未放映

第十章 - ゆらぐ遺伝子 ・・・(1/2/3)

第十一章 - かえらざる日 ・・・(1/2/3)

第十二章 - 国ほろびて ・・・(1/2/3)

第十三章 - 今 ・・・(1/2/3/4)

アルジュナってって聞いて思い出すのは何故か第六章の数学教師の熱弁だなあ。
感動したから……? 真に迫る勢いに恐怖感じてトラウマ的な……?
当時のことだからあんま覚えてないけどなんか記憶に残ってるわ。

こういう風に環境問題云々見返してみて一時的にアレやコレや考えるようになっても、すぐに元の生活・思考に戻るんだろうな。
コンビニの便利さ、ファストフードの手軽さ無しではかなわんです。
それら利用した方が生活するのに「楽だから」ね。
[PR]
by byo_teng | 2007-03-08 04:53 | 動画 | Comments(0)


<< ジュナ。 フラシュッ! >>