魂が揺らいだ。

『たまゆら卒業写真 第四部 朝 ―あした―』を鑑賞してきました。

OVA版を知らず、毎期“とりあえず”でチェックしてる日常系枠として、TV版1期の~hitotose~から入ったのですがここまでハマるとは思わなんだ。

初見当時は実在する竹原・汐入の緻密でリアルな背景描写を舞台に、やけにアニメアニメした「リアルでいたらちょっと……」って言うくらいの個性豊かな登場人物達に違和感があったのだけど、逆にそのキャラクター性がクセになってしまった感じですね。
最初がそんな印象だったためか成長していくさまが凄く感慨深いというか。 惹き込まれましたね。
実際今作の“泣き虫”ちひろと“引っ込み思案であがり症”楓の滑り台でのシーンは見どころの一つです。

初見当時と言えばOPテーマの『おかえりなさい』はユーミンが楽曲提供してるってのもインパクトでかかったですね。 しかも坂本真綾が歌ってるっていう。
さらにOVA版OPテーマはあの『やさしさに包まれたなら』だというのも後から知って驚きました。
おかげであのメロディを聞いて連想する作品が天下の『魔女宅』に並んでたまゆらも思い浮かぶようになりました。
こういう若い世代向けじゃない要素にもどんどん惹き込まれていったんです。

その二曲以外にもhitotoseの最終話EDには『A HAPPY NEW YEAR』、TV版2期~もあぐれっしぶ~の最終話EDが『最後の春休み』。

そして今作のED曲に『卒業写真』というユーミン尽くし。
たまりませんなあ。


hitotoseのOPテーマであり、竹原に着き駅を出て一番最初に目にする文字でもある「おかえりなさい」に始まり、今回の劇場版完結編の卒業・旅立ち「いってらっしゃい」で終わったこの感じ、凄く綺麗にまとまっていて好きですね。 完璧です。


ほんとうに過不足なく綺麗に終わり、シリーズ通して一つの作品としてきちんと完結してくださったこと、感動した涙したというより前に深々と頭を下げて「ありがとうございました」とお礼を言いたい。
そんな作品でした。


ご卒業おめでとうございます。

そして、本当にありがとうございました。


[PR]
by byo_teng | 2016-04-03 02:17 | 日記 | Comments(0)


バシャーモに取って代わられた。 >>