ししゃも。

試写会に行ってきましたとさ。
なにを上映するかは未公開だったのですが、配給が松竹だったため「妖怪大戦争」辺りかな?と思ったわけです。
ワクワクしながらいざ銀座の試写会場へ。

着いてみると、建物の前に怪しいおじさんが。
こっちを見たとたんに寄ってきて……、招待券を忘れてきたので一緒に入場して欲しい(招待券一枚で二人まで入場可能)と言ってきたのです。
一瞬ナニイッテンダコイツと驚きましたが、結局OKしましたさ。悪い人ではなさそうです。
時間よりちょっと早く着いたので10分くらい並んで立ってました。
並んでる間、そのおじさんが一枚のハガキを取り出して俺に見せてくれました。
それは「亡国のイージス」の試写会招待ハガキでした。
今回のお礼代わりにどうですか? と、言ってくれたのです。
しかしそこはやっぱり遠慮させてもらいました。
会ったばっかの知らない人だし。
映画ばっか観てらんないし。

そして時間になり入場。
館内に入る前の階段でおじさんとはさようなら。
さすがに映画観るのにおっさんが隣じゃ嫌です。
嫌です。

さて、そんなこんなで上映が始まりました。
直前まで未公開だったものは……


SHINOBI

あの、「甲賀忍法帳」原作で、オダギリジョー・仲間由紀恵主演の「SHINOBI」でした。
甲賀忍法帳は「バジリスク」というマンガで有名なので、知ってる人も居るかと。
単行本で読んだことはないのだけれど立ち読みした限りでは結構好みで面白かった。
アニメでもやってるみたいですがそっちは見たこと無いので分かりませんが、なかなか高評価で流行ってるみたいです。

で、それを観てきたのですが、映像が綺麗で感動。
冒頭のシーンの迫力といったら……凄い、壮大。
戦闘シーンのエフェクトもかっこいい。
残像を残しながら高速で敵を倒してくシーンは、アクションゲームみたいで軽く爽快感。
いい仕事してるね。

だけど、ストーリーはアップテンポで進んでいくため、強そうなやつも感情移入できる前にばたばた死んでいくので、あーまた一人あぼーん。
見たいな感じでした。
時間内に収めて尚且つ中身の詰まったものってなかなか作るの難しいのだろうね。

エンディングの浜崎の曲は可もなく不可もなく、まぁ妥当かなって感じでした。

いやー、でも面白かったー。
結構オススメです。
[PR]
by byo_teng | 2005-07-25 23:43 | 日記 | Comments(0)


<< 虫刺されがかゆい。 ゲーム・ゲーム・ゲーム2 >>